未分類

寂しい人生やなジジィ。

投稿日:

生きている以上、

無駄なことは考えたくない。

そう思うようになり、

最近は瞬時に、関与すべきこと内容か

もしくは関与しないほうがよい内容かを判断している。

 

最低限のことはしてほしいなジジィ!

と思っても、そいつが成長できるジジィかどうかを自分に問うている。

 

言ったところで成長できないジジィであれば、

教えてあげるだけ時間の無駄、エネルギーの無駄。

 

どんな無礼なことをされても、

笑顔済ませる力(内面は笑っていない)もついてきた。

 

兎にも角にも、

 

おかしいからと言って、関与してしまうと

 

無駄にエネルギーや時間を消費してしまい自分に逆効果なので、

 

あえて関与しない力。

 

相手からしてみると、

 

関与されないのだから寂しいことではある。

 

今までは、おかしいと思ったらすぐに関与して解決しようとしてきた。

 

しかし、これからは無駄なエネルギー、無駄な時間をいかに消費しないかを突き詰めて生きたい。

 

とは言っても、これは問題から逃げているわけではない。

 

むしろ、おかしいことを教えてもらえないジジィは相当残念なやつになってしまう笑

 

言われているうち、教えてもらっているうちがまだ華であることを私たち含めて忘れてはいけない。

 

きっとジジィはこれからも自分の小さな枠の中で寂しく生きていくのであろう。

 

以上。

-未分類

Copyright© , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.